MOBILE SITETEL:078-453-4820

東灘区にある当歯科では、歯周病治療やインプラント、審美歯科に力を入れております。

入れ歯(義歯)

総入れ歯(総義歯)

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。

保険外の総入れ歯には金属床、チタン床など様々なタイプのものがあります。

部分入れ歯

歯が抜け落ちてしまい、ブリッジも使えない場合には、部分入れ歯を使った治療になります。

保険の範囲外で作る部分入れ歯には、金属床、チタン床など様々なタイプのものを選べます。

金属床義歯

金属床義歯とは?

入れ歯の内側の部分(舌で触れる部分)をプラスチックの代わりに金属で作った入れ歯のことをいいます。

金属床義歯は総入れ歯でも部分入れ歯でもできます。

総入れ歯は、アゴを覆う部分が広いので、金属床を使うと床が薄く密着しているので、会話の時も楽で、食事の味が一段と良くなります。

部分入れ歯の場合も、特に下アゴの場合、アゴの内側(舌のある側)は、喋る時、非常に気になるので、その部分が精密に適合した薄い金属で出来ていると、会話や食事の邪魔になりにくくなり、お口の中が楽に感じます。

金属は丈夫で薄い特長があるため、上でも下でも部分入れ歯の場合、金属製の入れ歯はできるだけ小さくし違和感のないように工夫ができます。噛む力の全てを出来る限りアゴの土手で支える事によって、他の歯への負担を減らすので、症例によっては入れ歯の床の広さも必要となります。

金属床義歯の利点と特徴

  • 金属は熱伝導性が良いため、食べ物の熱い、冷たいの感覚が自然に近く感じられるので、食事を美味しく味わうことができます。
  • 水を吸収しない金属なので吸水性のあるプラスチックと違って衛生的で清潔にお使いいただけます。
  • アゴの部分は金属で作られているので、薄くて違和感が無く、かつ丈夫です。

チタン床義歯

チタン床義歯とは?

入れ歯の基礎の金属に、最も生態親和性が良いチタンを使用している入れ歯のことをいいます。
チタンは他の入れ歯素材に比べ非常に軽量です。また、チタンは軽いだけでなく、歯ぐきへの適合性や吸着性が優れている特長があります。
総義歯を作る際には、上アゴ全体を覆うのが通常ですが、チタンに関しては、上アゴの部分をくりぬいた総入れ歯を作ることができます。

チタン床義歯の利点と特徴

  • 軽くて薄い義歯を作ることができます。
  • お口の中の異物感が少なく快適な仕上がりです。
  • 素材に粘りがあるので丈夫です。
  • 素材が化学的に安定しているため、他の金属にありがちな金臭さがありません。
  • チタンは生体親和性が高いため、金属アレルギーの心配がありません。
  • もし形を変更する場合は、レーザー溶接で改造、修理ができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは?

金具を一切使わない部分入れ歯のことをいいます。
素材は歯ぐきと同じピンク色のため、装着していても目立たなく審美性に優れています。

ノンクラスプデンチャーの利点と特徴

  • 金具を使用しないため、審美的に優れています。
  • 非常に薄くて、軽くて、柔らかい。
  • 装着間が通常の入れ歯と比較して違和感が少ない。
深江駅の船岡歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
CONTENTS
PAGE TOP

船岡歯科078-453-4820

住所
〒658-0021
兵庫県神戸市東灘区深江本町3-6-1
電話番号
078-453-4820
診療項目
一般歯科 審美歯科 歯周病治療
インプラント 入れ歯(義歯)
アクセス
阪神電気鉄道「深江駅」徒歩3分
診療時間
09:30~13:00
15:00~19:00
14:30~17:00

深江駅の船岡歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

  • 詳しい地図はこちら